【赤い街】

赤い色の街並みの中

遠く歩み続ける日々よ

街は綺麗に彩られてた

俺の心を焦がす

俺の色気づいた行いは

もしかしたら間違っているのか

変わりゆく仲間達の心

俺の心の涙

少年時代の俺を見つめる

少しづつ俺は変わったような

人の意見に左右されずに

自分で選んだ道さ

若い頃の俺はきっと

人の気持ちがわからない奴で

安易に人を傷つける事

罪だと思ってなかった



仲間と共に生きて行く事が

今の俺にはとても大事で

友情を越えた熱い想いを

胸に受けて行きたい



赤い街並みに体を染められも

想うのは仲間の事、これからの道

赤い街並みに体を染められても

仲間想う心は忘れられない


赤い街並みの中で

様々な風景、人々の波の中を歩んできた

街は田舎生まれの俺を
大きく包み

これからもずっと聳え立つだろう



仲間と共に生きてきた事が

今の俺を支えていて

友情を越えた熱い想いを

背に受けて行きたい



赤い街並みに体を染められも

想うのは仲間の事、これからの道

赤い街並みに体を染められても

仲間想う心は忘れられない


都会の明かりはなんだか心地よくて

独りの俺を惑わすけれど

支えられてきたあの肩の温もりは

これからもずっと裏切れない